1 使い方 2 代替広告メーカーはこちら 3 アドセンスフィード 4 伝聞坊的即動アフィリエイト

代替広告メーカーの使い方

■対応ブラウザ

当サイトは、IE系のブラウザのみに対応しています。

対応ブラウザ:
・Internet Explorer
・Lunascape
・Sleipnir

上記以外のブラウザ(FireFox等)で当サイトをご覧になっている場合は正常に機能しませんので、再度IEでアクセスし直してください。
無料で公開しているサービスですので、安心して利用してください。
基本的に利用者のモラルにお任せしますが、スパム的行為が頻発するような場合は、何らかの制限を設ける可能性もあります。

■簡単な利用方法

まず初めに、デフォルトの状態で[作成]ボタンを押してみてください。
すると、その下に広告のプレビューとそのソースコードが表示されます。
これがアドセンス用代替広告そのもののソースコードになります。

あなた専用の代替広告を作るのはとても簡単で、以下の3つを準備します。

1.リンク用のテキスト(リード文やキャッチコピー等)
2.広告の簡単な説明文
3.リンク用のURL(アフィリエイト用のURL等)

URLは、「http://」から後ろの部分のみを入力します。
リンク用のURLが長い場合は、ASPの許す範囲内において、短縮URLにするなどの工夫をしてください。 あなた専用の代替広告の設定が完了したら、[作成]ボタンを押した後、そのソースコードをコピーしてメモ帳などにペースト、拡張子をhtml形式で保存すれば代替広告の出来上がりです。

文字化け等が発生する場合は、お手持ちのエディタでそのhtmlファイルを開いた後、再度文字コードを指定して保存し直せばOKの筈です。

広告サイズが変わってしまう場合は文字の詰め込み過ぎが原因です。
その場合は、リンク文字・説明文などで調整してください。

特に難しい操作も無く、感覚的に使うことが出来ると思います。
サイトロゴが気になる場合は外していただいてもかまいません。

操作も簡単だと思いますので、ぜひ当サービスを有効利用して、あなたのネット収益をアップさせていただければと思います。

無料のサービスのため、サポートは一切ありませんが、ご意見・ご感想などはこちらへお願いします。

[ メールフォームはこちら ]


オススメ優良商材

かなりのボリュームなので、一通り読んで・聞き終わるまでに時間もかかりますが、小手先ではない本当のやり方が理解出来る本物の1本です。
和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

Google AdSense 代替広告とは

Google AdSenseでは、表示される広告が無いときには公共広告が表示されてしまいます。
代替広告を設定することによって、その公共広告ではない自分で設定した広告を表示させることが可能になってきます。
当サイトでは、あなた自身の代替広告を簡単に作ることができます。

SEO リンクディレクトリ